忍者ブログ

方向音痴のSkyrim

PCゲーム「Skyrim」の雑多なCKいじり日記

ドラゴンボーンの従者になってみる04


魔闘士スタイルのドヴァキンを作ってみました。



所持スキルはあれこれ試して、こんな感じに落ち着きました。
脳筋ドヴァキンとはシャウトの構成を若干変えています。しかし、晴天の空とかは使いそうにないかな。



今回は後々チューンナップしやすいよう、クラスも作ってあげました。
魔闘士タイプのクラスで、隠密スキルにも特性のあるものがなかったため。脳筋とは違って、忍ぶ時は忍んで欲しいのです。
他のClassをざっと見た感じ、Attribute Weightの割り振りは計6ポイント。Skill Weightの割り振りは計11ポイントになっている場合が多いです。強くなりすぎないよう、適度な能力割り振りにとどめました。



実戦。中距離を保ちながらの戦闘になる様子。Combat Styleは傭兵セロさんのを土台に、シャウトの倍率を少し上げた自作スタイルを使用。



マジカ切れで弓を取り出すドヴァキン。霊体化のシャウトも覚えさせてるんですが、使う様子なし。
うーん。どうもシャウトと魔法って似ているせいか、戦い方がメリハリに欠ける気がします。所持魔法の組み合わせ変えたほうがいいのかな。



防御は弱いものの、それ以外はかなりの強さ。
カーススパイヤーに続いて訪れた赤鷲要塞も、あっという間に殲滅してくれました。


一仕事終えて、一服する姐さん。お疲れ様です。
彼女は隠密に特性がある上に羽根の歩みパークも所持しているので、ダンジョン探索のお供には最適です。
誤爆すると面倒な氷晶も使わないし、声はアエラさんと同じでセクシーだし、脳筋ドヴァキンと比べると本当に優等生。……正直、物足りない。ドヴァキンは一緒にいるのが極めて難しい、ハチャメチャな人物であって欲しい……。

そんなわけで、次回は姐さんドヴァキンに個性をつけるべく、所持スキルやコンバットスタイルの調整を行っていくつもりです。

前へ | 次へ
PR

Author

UNI
Skyrimで遊ぶのも、CKで改造するのも好きなファンタジー好きです。
戦闘苦手で難易度は基本EASY、慣れてもNORMAL程度。 アンデッド恐怖症なので、ノルド遺跡探索が辛い……。

ブログ内検索

最新コメント

[05/16 NONAME]
[05/14 感染者の巡回者]
[05/08 NONAME]
[05/06 らいじゅ]
[04/30 NONAME]