忍者ブログ

方向音痴のSkyrim

PCゲーム「Skyrim」の雑多なCKいじり日記

ドラゴンボーンの従者になってみる05【晴天の空を使わせる】


またしてもストームコールを呼ぶ、雨男ドヴァキン。
敵の数が多いとこれほど頼りになるシャウトはないのですが、いかんせん敵味方関係なく落ちる、ひざを突いたフォロワーにも容赦なく落ちるなど、非常に危ない。
そのうえ戦闘が終わっても土砂降りのままなので、彼と一緒に旅をしていると常にずぶぬれ状態が続きます。FrostfallとWetandColdを入れている環境では、彼を連れているだけである意味ハードモードになってしまう。
しかしストームコールを彼のデータから削除すればいいってのも、なにか違う気がします。




そこでもう一人のドヴァキン姐さん。晴天の空をなんとなく覚えさせていた彼女に、強制的にこのシャウトを使うよう手を入れることにしました。
NPCに覚えさせていても絶対使ってくれないようなシャウトには、「晴天の空」「霊体化」「激しき力」「旋風の疾走」などがあるようです。
そこでCombatOverrideを作って、こんな感じで「ストームコールによる天候変化」がおきている場合「10%」の確立で「晴天の空」を撃ってもらうProcedureTreeを作ってみました。作ってみたのですが、このProcedureTreeが何秒単位でStackedの条件をチェックしてくれるのか分からないので、何を持って「10%」の確率かはよく分からないんですが。

実際の動作を確かめてみたところ、ストームコールで嵐が起きても直後に「晴天の空」をやることはあまりなく、時々な感じでシャウトしてくれたという曖昧な結果が得られました。
他のシャウトも同じ要領で使わせてみようかとためしたものの、「霊体化」は画面に青白いエフェクトがかかってしまう。「激しき力」は、姐さんは左手に常に魔法を装備して中距離で戦うため、あんまり恩恵がない。「旋風の疾走」がかろうじて実用に耐えそうだったので、これも使えるようにしてあげました。使うタイミングをうまく設定してあげられなかったので暴発っぽい感じでしか使えないのですが、NPCが使っているのを見られるのはなかなか新鮮で面白い。



何はともあれ、こうして晴れ女ドヴァキンの誕生です。
ストームコールを晴天の空で打ち消すと、雷雲の渦だけはしばらく残ってしまうのですが、空は瞬く間に晴れ上がります。
ストームコールを撃ったあとの雨男の耳元で、姐さんがすかさず晴天の空を叫び彼をよろめかせることもあって、夫婦漫才でも見ているかのよう。
そろそろ彼女にも、きちんとした生活スケジュールを組んであげていい頃かもしれません。

前へ | 次へ
PR

コメント

1. これは、スゴイ!

フォロワークエストの自作は再度、作り直しております。現在は08まで進めました!Uniさんが記事10でアップしてくださったデータを導入してみたのですが、自分の環境でも完璧に正常に動作しています(≧∇≦)
大変、参考にさせていただきました。ありがとうございます!見比べて自分のmodの不具合の原因がやっとわかりました。Alias factionにSL01CurrentSPSFollowerを追加するのを忘れていたようです。(ココ、重要ですよね、汗。)
さらに、作成を続けています。

そして、またまたすごい記事がアップされている‼︎
Uniさんのフォロワーは、本当にユニーク過ぎますね‼︎フォロワーもシャウトが使えるようにできるなんて…知らなかったです。すごいですね!(◎_◎;)
グレイビアードやウルフリックだけの特殊な仕様かと思っていました。

しかも、本来使わないシャウトをPackageから使用可能にできるなんて‼︎
ストームコールと晴天の空の反作用も面白すぎます。これだけのウェアウルフの群れに囲まれても、勝てそうですね。

こっちの方も挑戦しようと思います!

シャウトや一部の魔法はフォロワーが使っているのを見たことないなぁと、思っていました。他者に向けてプラスの効果をもたらす「治癒系」や「挑発系」の呪文なども、Uniさんの方法を用いれば、使ってくれるようになりますか?個人的にはフォロワーが「カイネの安らぎ」で動物と仲良くなったり、「念動力」でキャベツを敵に向けて吹っ飛ばしたりできたりしたら、かなり熱いです!

Re:これは、スゴイ!

サンプルファイル、動作したと聞いて安心しました! ご報告ありがとうございます。
>Alias factionにSL01CurrentSPSFollowerを追加
ここ、ちゃんと明記してなかった部分ですね(汗) 分かりにくいので、あとで説明文に書き加えておきます。

>グレイビアードやウルフリックだけの特殊な仕様
私も最初そうだと思い込んでいて、グレイビアード専用のシャウトやドラウグルのシャウトを覚えさせていました。でも、プレイヤー用のも普通に使ってくれるみたいですね。
……「死の標的」だけは絶対に覚えさせたくないです。

AI Packageを使うとスクリプト無しでもちょっと変わった魔法を使わせることができるので、とても面白いですよ!
Package Templeteに「Shout」「UseMagic」があるので、それを使ったPackageを見ると色々と参考になるかもしれません。バニラのNPC達も、様々な魔法をPackageで強制使用させられているみたいです。ウィンターホールド大学のコレット先生は自己鍛錬で、「死者探知」を使っているみたいですね。
でも魔法やシャウトには、もしかしたらNPCが絶対に使えないような設定がされているものもありそうです。
「他者治癒」系魔法は、ヒーラーフォロワーさん達がModで数多くいるので、「大治癒」魔法まで使わせることが可能かもしれません。「カイネの安らぎ」もいけそうな気がします。これは戦闘が始まる前に使ってくれないと効果が無いので、発動の条件設定が重要になりそう。
そういえば「バトルクライ」みたいな種族専用能力も、NPCが使っているところを見たことがないタイプですよね……。

ちょっと変わった魔法を使わせてやれるとNPCに個性が出るので、自作フォロワー作りもこれまで以上に楽しくなると思います。
自作フォロワークエストでは、こういった特別仕様(Combat Override)Packageを持つNPC達を、その個性のままフォロワー化できる感じに作っていこうと考えています!

コメント

3. 特別仕様フォロワー、作成中!

いつも、アドバイスをありがとうございます!Uniさんに制作におけるヒントをたくさん教えていただいてから、最近ckでの作業が楽しくなってきました。

Uniさんのブログに辿り着くまでは、nexusの完成品のmodをckで開いて見ても、どこをどう設定したらこういう挙動をするmodになったのかが全く分かりませんでした。海外のModderさんのページは英語でますます理解が及ばず…できることといえば、キャラメイクの記事をまとめて下さっている方が多かったので、スタンドアロンのフォロワー(見た目の変更のみ)ばかり作っていました。しかし、そうして自作したキャラもいざ共に旅をしたときに、Modderさんのフォロワーほどユニークさが感じられず、単調な気もしていて、制作に行き詰まりを感じていました。Uniさんのブログは、細やかなところまでmod制作の過程を記述してくださっている、とても貴重で、素晴らしいブログです‼︎

私にはかなり難解なのですが、AI Packageを少し勉強してみようと思います。コレット先生の「…シャキーン‼︎輝」や「…ドクン×2」の正体がUniさんの解説のおかげで、なんとなく分かってきました。あれは単なるアニメーションの再生ではなく、パッケージに仕込まれている魔法だったんですね!だから、効果も攻撃判定もちろんあり、フォロワーにも付与することが可能なのですね…。でも、まさか日常の行動以外に戦闘時にも応用できるとは、思いませんでした!思い返せば、以前に元素の間に行った時、ジェイザルゴがサルジアヌス先生を魔法の練習中に燃やし、喧嘩が始まったこともありました。あれも、AI Packageで炎魔法をキャストするように設定されていたのか…w

「バトルクライ」とかエフェクトがかっこいいですよね(^ω^)
なぜだか、NPCが通常使わない能力や魔法には、魅力的なものが多いから困りますね…。

Uniさんの自作フォロワークエスト搭載modの完成が今から待ち遠しいですね〜(^O^)
私も作成中に面白い発見(?)があったら、また書き込ませていただきます!

Re:特別仕様フォロワー、作成中!

AIとかクエストの作りが分かるようになると、ほかの方が作られたmodがどういうふうに動いているのか、理解しやすくなりますよね。
手の込んだmodフォロワーさんは独自の行動がクエストで管理されていたりして、CKで見せてもらうとすごく参考になります。多くの先達者様に感謝です。
自作フォロワークエストの記事が役立っているようで、嬉しいです。できる限りきちんとしたものができるよう、残りの作業も頑張ってみます!

それにしてもスカイリムの仲間割れの「喧嘩」って、「殺し合い」だから困ります……。
せめて素手で殴り合って膝をつかせて終わり、ならいいんですけどね(^^;;

コメント

4. CK力、上昇中です!

>それにしてもスカイリムの仲間割れの「喧嘩」って、「殺し合い」だから困ります……。
そうですよね~!!前々からこれには頭を悩ませておりました…。リフテンで物を落とした時の惨劇を思い出しました(^ ^;)
街道で出会うスクゥーマの売人なんかは、一発小突いても拳をおろすと「お前には何の価値もない…」とか言って、立ち去りますよね…。

最近では、Uniさんの「ドラゴンボーンの従者になってみる」と「スカイリムの掃除人フォロワー」の記事をとても参考にさせていただいております。
CKチュートリアルも見ながら、AI Packageと格闘していましたがようやく、憧れの「普段使わない魔法やシャウト」を使ってくれるようになりました。

初心者の私が、こんなことを考えても不毛だと思いますが、発見の嬉しさとUniさんに是非アドバイスを戴きたい!という気持ちからまた書いてしまいました…汗。以下、大変お聞き苦しいかもしれませんので、流していただいてかまいません…。

はじめて作ってみて、Packageの切り替えが一番の肝なのかもしれないと感じました。
普段の戦闘AI→自作したPackageの行動に切り替わるとき、頻繁にバグってしまい、動きが変になってしまうことがありました。
一瞬、魔法を構えるんですが、そこで動作がリセットされてしまい、再び構える…それが延々繰り返されてしまう状態になります。
最初は、自分のProduce treeがヘタクソで、間違っているとも考えましたが、Skyrimを一旦終了し、再起動するときちんと実行されたり、
disable→enable→resurrectすると、症状が一瞬だけ改善されたりと安定感がなく…これはもしや、システム側の問題か?と、考え直しました。
原因を調べようと思い、色々なNPCのPackageを見てみると、「戦闘行動」と「日常行動」のAI Packageは、やはり意図的に独立させてあるような節がある…と直感的に思いました。
NPCが魔法の練習やシャウトの指導などをするAI Packageは比較的戦闘などが起こらない安全な場所や状況で行われるように搭載されている気がします。
また、NPCの戦闘用のAI PackageにUse MagicやShoutが搭載されておらず、場所を取得するだけになっていたので、おそらくMagicやShoutは切り替えが起こるときにバグが起きやすい仕様になっているのだと思いました。
この問題を解決する方法がないか、現在模索しております。

…し、しかし、ベセスダの開発者の人が「意図的に」外した、プレイヤーを補助するようなPackageをド素人な自分が設計できるのか…いや……。
という考えが脳裏をよぎりました。でも、バグを落ち着ける方法を見つけ出せたなら…その時は、「ヴィル粕」を襲名しようと思いますw

最近の成果です!!↓
skyrim.jpn.org/images/547/54800.jpg
突如として、「疾走」したフォロワーに驚くヴィルカス。

彼は、サイジック会から追放された魔術師の落ちこぼれであり、
第二の人生として「鉱物」を「銀」へと変える魔法を研究しにマルカルスのシドナ鉱山に潜入。
そこで、ボロをまとった王「マダナック」と出会い、同郷のよしみから弟子入りしたブレトン。
という裏設定で作った自作フォロワーです。
普段はシドナ鉱山の地下で銀を永遠に掘りつづける過酷な労働を強いられておりますwww

CombatStyleはマダナックの亜種で、氷魔法のスペシャリストです。
マダナックはフォースウォーンのボスなので、近接攻撃も得意みたいですが、Equipment Score MultsのMeleeとRangedとUnarmedをゼロに設定したところ、武器をとらず、弓も使わず、素手で殴ったりしない、魔術師オブ魔術師になることができました。アイススパイクで敵を串刺しにします…w
今は彼を「ただのマダナックの弟子」から「補助系フォロワー」にしようとPackageを試行錯誤しています。

skyrim.jpn.org/images/548/54801.jpg
補助系フォロワーの第一歩として、「挑発」の呪文を操ります。(今のところ呪文がかかっていてもしつこくかけ続けるのが玉に傷です)
以上、長文にて大変失礼いたしました。m(_ _)m

Re:CK力、上昇中です!

>彼は、サイジック会から追放された魔術師の落ちこぼれであり、
落ちこぼれのレベルが高すぎます! こんな人がマダナック氏のそばにいたら、マダナック敵対ルートでシドナ鉱山から出れないじゃないですか!

画像拝見しました。NPCも「旋風の疾走」で高いところから飛び出したりするんですね。Navmeshが敷いてあるところしか行かないと思ってました。Protect属性ついてるNPCは落下ダメージで死ぬことがないから心配はないでしょうけど……。いやほんと、彼、着地どうするんでしょうね。ホワイトランの市場のど真ん中で、指差されて笑われそう……。

-------------------------------------------------------------------------
>一瞬、魔法を構えるんですが、そこで動作がリセットされてしまい、再び構える…それが延々繰り返されてしまう状態になります。
「UseMagic」はまだ他者治癒系しか使わせたことがないので、私もよく分からないのですが、「UseWeapon」で同じ現象が起こるのを確認しています。
未読でしたら、こちらの記事がピンポイントかも知れません。悪戦苦闘中の継ぎ接ぎだらけの記事ですが……。
「ChildRaceを戦わせる」
http://skyrimeasy.blog-rpg.com/ckworks/override01

「UseMagic」も「UseWeapon」も、戦闘中に無理矢理やらせると、すごく動作が不安定だなぁという印象をこちらも持ちました。かなり繊細に取り扱ってあげないといけないみたいです……。
「UseWeapon」の、弓を構えようとする→降ろす、のカクカク現象はAI PackageのFlagsと、「UseWeapon」以外のProcedureのFlag Overridesで武器の着脱を細かく指定することでかなり改善されました。
「UseMagic」でも、魔法の構えを一度解いてあげるような形にすればうまくいくかもしれませんです。この辺はもう、スカイリムのシステムそのものとの戦いですよね。

この記事の「Shout」でもそうですが、「UseMagic」、「UseWeapon」ともに、Stacked Branchの中で単独実行させ、各Procedureの「Success Complete Package」にチェックを入れるのが安定するような気がしています。魔法を一回使うごとに確実にProcedureを完了させる感じでしょうか。デフォルトにある「UseMagicRepeat」というテンプレも、ProcedureTreeの最上位に「Repeat When Complete」のチェックが入っているとはいえ、「Procedure:UseMagic」にしっかり「Success Complete Package」のチェックが入っています。
もし連続して異なる魔法の「UseMagic」を使わせるときは、間になにか別のProcedureを挟み、一度別の行動をさせるといいのかもしれません。「Wait」で1秒程度の小休止をとるのもよさそうな気がします。
魔法の種類によっては、自分と対象との位置も動作に関係してくるかもしれないです。「他者治癒」をPCに向かって使わせようとした時、PCとの距離が近すぎると構えた腕を上げたまま、動かなくなってしまうことがありました。こちらがちょっと離れてやると、正常に魔法をかけてくれました。

思いつくまま色々書いてしまいましたけど、「Use~」系はまだほとんど手をつけていないので本当に手探り状態です; 上記のどれかがお役に立つことを祈ります……。うまくいったらまたぜひ教えてください!
とりあえずは無事自作のフォロワークエストmodができたので、これを下地に私もこれから戦闘のAI Package作りを色々試すつもりでいます。何か分かったら、記事に書き起こしてみますね。ほんと、「Use~」系は細かいところで気をつけなきゃいけないことが多くて、書き残しておかないとあとで盛大に後悔しそうです。

コメント

5. フォロワー後日談とUseMagicの高い壁

>こんな人がマダナック氏のそばにいたら、マダナック敵対ルートでシドナ鉱山から出れない
これは…全く考えていなかったです(笑) 案外、自分はマダナックが好きなようで…いつもマダナック一味と例の「サイジッ君」と一緒に、「(なんとなく)リーチを再び我らの手にッ!」という単細胞の思考でプリズンブレイクしていました( ̄▽ ̄)
真っ先に灰になるソーナー・シルバーブラッドを見ながら「流石だな~師匠は。」と、マルカルスの街中をワイルドに駆け抜けております。

>NPCも「旋風の疾走」で高いところから飛び出したりする
自分もまさかあんな風に発動するとは思いませんでした!!初めてやってくれたときは、おお~っ!という感じでした。発動条件を満たしたら、プレイヤーに向けてシャウトするという設定をしていました。あの画像では小さいですが、実は階段の中段あたりに「ファル粕(プレイヤー)」が佇んでいて、そこに目がけて後方の門のあたりから突如として、飛んできました。「…ウルド」というつぶやきが聞こえたので、ついにキタ!!と思いコンソールで待望の瞬間を撮影することができました。
彼のその後…ですが、空中にしばらく留まってあごに手を当てて、しれっとしていたのですが、だんだんズルズルと重力に吸い寄せられるかのように落ちていき、手足をバタバタさせながら地面に垂直にスコーン!と落ちた後、「ファ゛ッ!!」というMaleEvenTonedの断末魔を発して縦回転で崩れ落ち、息絶えてしまいました。一連のコントのような出来事で思わず笑ってしまいました。これでは旋風の「失」走です…汗。発動の条件をもっと改善してあげないと、危険なことになりそうです。
Uniさんに教えていただくまで、「Navmesh」なるものの存在を知らなかったのですが、これは「NPCが通ってくる見えない道のようなもの」なのでしょうか?たしかに、プレイヤーが崖から上手く滑っていってもNPCは後を着いてこない現象が時々あったり、いつのまにか背後からやってきたりするのはどうしてだろう?と思っていました。謎がまた一つ、解けました!!

「ChildRaceを戦わせる」の記事を拝読させていただきました!!!
以前にも「子供が戦ってる!(かわいい♪)」「ダンマーのキャラが渋かっこいい!!(でも眉間を矢で撃ち抜かれとるw)」と、スクリーンショットに惹かれて記事を読んでいたのですが、その時はまだ、Uniさんのブログに来たばかりだったので、内容がほとんど理解できませんでした…。でも、最近「フォロワークエストの自作」や「AI Packageの作成」を学んでいくうちに、少しずつ分かるようになってきました!Uniさんが「フォロワークエストの自作」をしているのは、単に日常行動のAIがセラーナのように人間的なフォロワーを作るだけでなく、この記事にあるような「Combat Override Package」を搭載してユニークな戦闘スタイルを持ったフォロワーにするために必要なのですね。「ドラゴンボーンの従者になってみる」の記事も含め、自分は最近まで別々の内容の記事だと捉えていたのですが、実はユニークなフォロワーを誕生させるために、すべての記事は繋がっている!!!(…という解釈で、合っていますか??)
Uniさんのこのフォロワーシステムが完成したら、生活を楽しんだり、戦闘ももっと共闘感が出たり…Skyrimのフォロワー界に革命が起こりそうですね!!

Package作成の細やかなアドバイス、本当にありがとうございます!!!完全に袋小路に入ってしまい、モンモンとしていたので非常に有難いです!あれからも地道に「補助系フォロワー」の作成に取り組み続けております。Uniさんのブログと、「Healer Companion Natalie」というModの仕組み、それから盗賊ギルドのメルセルのAIを参考にして、なんとかできないか考えております。ギルドの最終局面のメルセルのAIが二刀流⇔ナイチンゲールのパワー⇔透明化と切り替えていたり、結構面白い動きするな~!と思いました。奴もかなりユニークなNPCですね。(バニラ界において)

>「UseMagic」も「UseWeapon」も、戦闘中に無理矢理やらせると、すごく動作が不安定だなぁという印象をこちらも持ちました。
全てが自分の作成上の間違いやModの干渉でもなさそうで…少し安心しました!「UseWeapon」は設定項目やツリーがたくさんあって自分にはまだ難易度が高い気がするので、しばらく「UseMagic」と「Shout」に特化していろいろ試してみようと思います。

しかし、最近スカイリムの旅を忘れてずっとCKをやっているのですが、プレイヤーやフォロワーがボコボコにされて散っていく様ばかりを見続けなければならず、精神的にくるものがあります…。Mod製作の道のりは険しいですね…!息抜きにジョルバスクルで宴でもしようかな、と思っております。

またご報告させていただきます!!

Re:フォロワー後日談とUseMagicの高い壁

最初は「ハドバルのAI Packageをちょっと変えるだけ」からはじめたCKでしたが、やり始めると楽しくなって色々と手を出すようになってしまいました。各記事も最初は関連などは考えてなかったのですが、よく見ると、NPCの行動ばかりを弄ってますね。プレイヤーの強化とか全然やってない!
今作っているフォロワー拡張Modでも、「誤爆が起きたらフォロワー同士に殴り合いの喧嘩をさせる」方法を延々考えてます。フォロワーのために寝床と食事の用意をし、喧嘩している仲間達に「早く食って寝ろ!」とシャウトするカーチャンModになりそう……。
Mod作成はテストプレイが一番大変かもしれませんね。うまく動作してくれず頭抱えたり、同士討ちで犠牲者が出るのを見なきゃいけなかったり。でもその気晴らしがやっぱりスカイリムでのんびり遊ぶことだったり。

>「ファ゛ッ!!」というMaleEvenTonedの断末魔を発して縦回転で崩れ落ち……
NPCもプレイヤーみたいな暴発「旋風の疾走(ソブンガルデ行き)」をやるとは! システム任せの戦闘AIだと、魔法の使い方とかNPCはすごく賢いのでなかなか見られる光景ではないですよね。ここまで命を投げ捨てた大ボケかまされたら、そばで一生そのフォロワーを見守ってやりたくなります(落ちている途中で揺ぎ無き力を当てたら助かるかも?)。――いえ、そうならないようシャウトの発動条件を調整してあげないといけないのでしょうが(^^;
NPCはNavmeshという地形に沿って敷かれた「移動可能領域」の上しか立てないらしいのですが、この失走事件を考えるとNavemesh上空もOKなのかもしれませんね。

>ギルドの最終局面のメルセルのAIが二刀流⇔ナイチンゲールのパワー⇔透明化と切り替えていたり
コメント拝見してすごく気になり、メルセルのデータを調べてびっくりしました。NPCドヴァキンのCombat Styleを編集していた時、遠戦と白兵戦両方のメルセル専用Combat Styleを見つけて、凝ってるな~と思っていたのですが……。この人、Combat Override Packageもたくさん持ってるんですね。最終決戦では6つのAIを切り替えてプレイヤーを翻弄させようとしているみたいですし。お手本の宝庫みたいな方です。私も彼を参考にして、CombatOverrideを追及してみます!

コメント

6. スチームシャウト

Uniさん、返信ありがとうございます!久しぶりにスカイリムの世界に浸って息抜きしてみましたよー!!!
CKも超楽しいのですが、最近Scriptを学んでいる途中にCompile⇔failedの無限ループに陥り、
「イスグラモル…イスミール…タロス…タイバーセプティム…ショール!?誰が誰で誰なんだっけ…?!」というレベルまで、頭のネジがおかしくなってしまったため、これはマズイ…と思い、いったん自分に出来そうなことから始めよう!と、気分転換に「シャウト作成」に挑戦しました。

新しいシャウトを作って、「マダナックの弟子」に搭載してみました。
→skyrim.jpn.org/images/553/55333.jpg

以前から、『ドワーフ・センチュリオンのスチーム』がかっこいいと思っていたのですが、ふと、あれを「シャウト」にできないだろうか?とアイディアが浮かんだので、試してみました。攻撃技だったせいか、AI Packageの設定に気を配らなくても結構シャウトしてくれました。シャウトを作る前は、もし成功したとしてもセンチュリオンとプレイヤーに体格差があるので、きっと頭の上あたりの変なところから蒸気が噴き出してくるんだろうな~と考えていたのですが、まさか…の展開で、口からキレイに噴出されたので、かなり感動しました!!シュウウウウーーー!という蒸気音とともに、白い霧で周囲の敵に全体攻撃をしかけます。
かなり威力が高いようで…ツワモノのホワイトランの衛兵部隊が束になってかかってきても一人でせん滅してしまいました。ダメージの強弱や属性などを設定できれば、実用的に使えそうなのですが、設定のやり方などがまだ良く理解できておりません…汗
これを冷気属性にして、氷晶のような効果を追加できれば、シャウト「吹雪の吐息」が実装できるかも…と、妄想しております(^0^)

>メルセルのデータを調べてびっくりしました。――最終決戦では6つのAIを切り替えてプレイヤーを翻弄させようとしているみたいですし。お手本の宝庫みたいな方です。
そんなにすごい仕組みになっているとは…思いませんでした…(驚)。Uniさんがおっしゃっているということは、私が考えていた以上にすごい仕組みが搭載されているということですね!実はメルセルのAIをフォロワーに組み込もうと思い、最近結構ガンバって試していたのですが、単にAI Packageを作ってAddしたり、Combat OverrideのListに入れるだけでは無理だったみたいで…より複雑なQuestの中のScriptで呼び出されていることだけが分かりました…泣。
「Healer Companion Natalie」に至っては、Scriptすら見られませんでした。やはりNexusの著作権的な仕様があるのでしょうか…?
今の私にはScriptの構造や記述の仕方、意味などがほんの少ししか理解できなかったため、そこでお手上げという状況になってしまいました。
ちょっと背伸びしてしまったようです(自重)私も早くUniさんのようにScriptを使いこなしたいですッ!
Script理解への道程は厳しいです…!もう少し、分かってきたら再挑戦しようと思います(-v-)b

>ここまで命を投げ捨てた大ボケかまされたら、そばで一生そのフォロワーを見守ってやりたくなります
そうですね~!最近、日に日にユニークになっていくフォロワーを見ていると、妙な愛着が湧いてきております!これもUniさんのおかげですね!!!
一緒に旅した自作フォロワーは、次の冒険を始める時に変わってしまわないように、めんどくさがらず、スタンドアロン化してあげようと思います。

>NPCもプレイヤーみたいな暴発「旋風の疾走(ソブンガルデ行き)」をやるとは!――落ちている途中で揺ぎ無き力を当てたら助かるかも?
かわいそうと言いつつ、「また見たい!」の札を挙げてしまいそうです(笑)
落下のダメージ判定って、これもまたスカイリムの○○大謎ですよね!!以前に、ハイフロスガーの中庭で「揺るぎ無き力」の練習をされているアイナース師に不意を突かれ、ショートカット下山してしまったことがありました!!地面スレスレの時に「幽霊の秘薬」を飲んでみたのですが、身体が霊体化しているにも関わらず、「うわ゛あぁー!」の断末魔を発して、崖をバウンドしながら息絶えてしまいました。もしかして、落下の「高さ」≦プレイヤーの「体勢」で決まってくるのかも…と思いました。
Uniさんのおっしゃるように、「揺るぎ無き力」のクッションを作ってあげると一旦「体勢」がリセットされて、転がるだけでなんとか生きられそうですね♪
しかも、フォロワー落下の直前を察知してシャウトで救うって…高度なテクを要するイケメンプレイですね!!

>今作っているフォロワー拡張Modでも、「誤爆が起きたらフォロワー同士に殴り合いの喧嘩をさせる」
これはすごい!!楽しみですね~!パン1個で殺し合い…や、あれだけの目に遭ってなぜこんなフレンドリーなんだ…、という非日常的なバニラの世界が変わりそうでワクワクします!
ブログの更新、いつも楽しみにしております。

Author

UNI
Skyrimで遊ぶのも、CKで改造するのも好きなファンタジー好きです。
戦闘苦手で難易度は基本EASY、慣れてもNORMAL程度。 アンデッド恐怖症なので、ノルド遺跡探索が辛い……。

ブログ内検索

最新コメント

[07/18 JasonDaurl]
[07/16 chomechome-X]
[07/16 ブレトン魔術師]
[07/15 amo]
[07/10 初心者シセロ]