忍者ブログ

方向音痴のSkyrim

PCゲーム「Skyrim」の雑多なCKいじり日記

4E201降霜の月22日(水) アンダーストーン砦



翌朝、私は宿から出るなり知らない男に突然襲い掛かられていた。
服装からして、ステンダールの番人のようだが、なぜ? どうも彼は何かを誤解しているようだ。私をデイドラの手先か何かだと勘違いしているのだろうか。



早速の仕事とばかり、マーキュリオとヴォルスタグが番人を取り押さえてくれた。さすが傭兵。鮮やかかつ手早い仕上がりだ。番人といえど、こうも簡単にたたまれてしまうのはいかがなものかとは思うが。



その後アンダーストーン砦前で、ようやく番人が私を襲った理由が分かった。
ディゲインが、自分の盗みの罪を、私に擦り付けていたのだ。お人好しの番人は、この老人の嘘をすっかり真に受けてしまったわけだ。
しかし、衛兵の目はごまかせなかった。ディゲインは、哀れな老人を助けると思って、このまま私が盗みを働いたことにしてほしいという。このマルカルスではノルドが幅を利かせ、土着の民であったブレトンは、下っ端労働者になるか乞食になるかしかないのだそうだ。



仕方がない。
ディゲインはコスナッチとも仲がいいようだし、一肌脱ごう。たまには身に覚えのない罪を背負って、慈善活動するのも悪くはない。



ということで、所持品をおとなしく差し出し、衛兵のお世話になった。
思えば、衛兵の世話になるのは初めてのような気がする。これまでずっと、模範的な冒険者のふるまいしかしてこなかったからな。



初の牢屋生活なるかといささか期待していたが、結局、所持品をあらためられただけで解放された。
マルカルスの町中にあるシドナ鉱山は、罪人の収容所でもある。鉱山内で囚人が銀を掘り、鉱山の外で土着のブレトン達、下級労働者が精錬をしているようだ。鉱山の外には誰かをさらし者にする台も置いてある。ピリピリした雰囲気のウィンドヘルムでさえ、ああもよく見えるところにさらし台を置いていなかった。
この町の学者にドゥーマーのことを聞いたら、早めに立ち去ったほうがよさそうだ。この町はいろいろと歪んでいる。



さて、くだんの学者はアンダーストーン砦で日夜研究にいそしんでいるそうだ。ドゥーマー遺跡をそのまま町に改造しただけあって、自分達の住んでいる場所が研究対象になるようだ。
ドゥーマー遺跡に住みながらドゥーマー研究ができるというのは、ドゥーマー学者にとってはこの上ない天国なのだろうな。石のベッドが嫌だったり、絶え間ない蒸気機関の動作音が我慢できない他の人々にとっては、必ずしもそうではないようだが。
目の前でアーケイ司祭と従士っぽい人物がもめているようだが、無視することにする。



砦の奥まった場所に、開放的な研究室があった。
魔導士風のエルフが二人いるのだが、このどちらかがドゥーマー学者だろうか。手前に座っていたのは、どうやら違うようだ。



ドゥーマー研究の第一人者カルセルモ博士は、薬の調合で忙しそうにしていた。
話しかけると、ずいぶん機嫌が悪そうだ。
時間は取らせないので、ドゥーマーについて学べる一日研修コースなどでも紹介してはくれないだろうか。



軽いノリで尋ねたら、ぴしゃりと叱られてしまった。
どうやら彼はかなり名前の知れたドゥーマー学者であるらしい。我々のような興味本位で遺跡に入って荒らしまくる無知な冒険者は、お好きではないか。



と、帰ろうとしたら、今度は素直に謝られた。高慢な人物かと思えば普通にいい人だ。



私が改めてドゥーマーに関して尋ねると、彼は親切にいろいろと教えてくれた。
しかしドゥーマーについて語りだすと、一日どころでは終わらない話になるらしい。



何しろ相手は生粋の学者な上、エルフである。その学者人生が数百年以上に渡るものであってもおかしくはない。その研究成果を一日や一週間でまとめてくれというのも無茶な話だろう。
それでも彼は、大雑把に話をまとめてくれた。
ドゥーマーに関して押さえるべき点は二つ。彼らは実に巧みな技術者であったこと。そしてある時を境に種族ごと姿を消してしまったこと。これだけだ。



この二つを踏まえて、冒険者としてもう少し実践的な知識が欲しい。無知なままアルフタンドという、巨大な遺跡を踏破できるとは思えないのだ。そしてその先にはブラックリーチも待っている。
私の答えに、カルセルモ博士は満足したようだった。好奇心旺盛な冒険者はお好きなようだ。



彼は私たちに、発掘中の遺跡に入る許可をくれた。とはいえ、発掘現場で仕事を邪魔している蜘蛛退治のためだが。



しかしその道中で、色々と興味深いものも見れるだろうと話してくれた。しかも蜘蛛を倒せば、彼ご自慢のドゥーマー博物館を自由に見て回ってもいいのだそうだ。
話はついた。蜘蛛を倒しに行こうではないか。


前へ | 次へ
PR

コメント

Author

UNI
Skyrimで遊ぶのも、CKで改造するのも好きなファンタジー好きです。
戦闘苦手で難易度は基本EASY、慣れてもNORMAL程度。 アンデッド恐怖症なので、ノルド遺跡探索が辛い……。

ブログ内検索

最新コメント

[09/18 mk]
[09/18 mk]
[09/18 mk]
[09/18 mk]
[09/18 Antoniohip]