忍者ブログ

方向音痴のSkyrim

PCゲーム「Skyrim」の雑多なCKいじり日記

マルカルス事件



市場でマルグレット嬢が襲われたのはずいぶん前のこと。
そろそろエルトリスさんに会うことにしました。



彼の父親も、マルグレット嬢のように突然知らない人に襲われて、殺されてしまったそうです。
衛兵は単なる不幸な事件としてさっさとことを収めてしまったようですが、犯人がフォースウォーンの一味だったことは周知の事実だったらしい。
彼はなぜ父親がフォースウォーンに殺されなければならなかったのか、疑問でならなかったらしく、ずっと事件の謎を追い続けていたんだとか。



今では彼も家庭を持ち、じきに父親にもなるそうです。危険な事件を追いかけるより家族を大事にしたいとも考えているけど、死んだ父親の無念の声が頭から消えないんだとか。
無理にでも消したほうがいいと思いますよ……。
すごく丁寧に自分の死亡フラグをたてまくる人なので、聞いているほうはハラハラしどうしです。



とりあえずエルトリスさんに協力。
まずはマルグレット嬢に素性を尋ねると、自分はテュリウス将軍のスパイだと素直にはいてくれました。
マルカルスの懐を握るシルバー・ブラッド家のことを調べに来ていたそうです。帝国軍はこの一家を危険視している様子。
リーチの先住民らしいフォースウォーンの歴史は複雑です。タイバー・セプティムが一度彼らを追い出したようなのですが、先の帝国対アルドメリ自治領の戦争のスキをついて、フォースウォーンが再びリーチを奪還。ところがウルフリック率いるノルドの義勇軍が彼らを追い出しだそう。その時のウルフリックはシャウトを使って敵を圧倒し、ノルド達にはタロスの再来に見えたらしい。そこで帝国が白銀協定があるにも関わらず、ウルフリックらにタロス崇拝を認めたと。マルカルスはのちのスカイリム内戦にもつながる様々な問題の発端になっているようです。
一方ノルドに負かされたフォースウォーン達は、敗戦によってひどい扱いを受けた上に最下層の身分に落とされたらしい。しかし再びリーチを取り戻そうと野山に潜んで機会をうかがっている者もいるとか。むしろ今もまだフォースウォーンの名を名乗っているのは、そういった人達みたいです。
……すごくややこしいです。この設定だけでもひとつのゲームができそう。



明らかにただの旅人が関わっちゃいけない事件の香りがします。
宿を出ると、待ち受けていた衛兵さんに余計な詮索をしないほうが身のためと釘を刺されました。
相変わらずハートの旗がかわいいですけど、この町は色々とおかしいです。歪んでいます。町の見えない所に、シルバー・ブラッド家にとって都合の悪い人達の死体が転がりまくっていてもおかしくないです。



身の危険を感じつつも、市場の凶行に及んだウェイリンという人を聞き込み調査。
最下層の人々が暮らす一角に彼の住処があったようです。
「鍵をみんなに回すような奴」というのがどういう意味か分かりませんが、とりたてて危険人物っぽい感じもしません。
ちゃちな鍵をこじ開けて彼の部屋へ入ってみると、「ノルドを恐怖に陥れろ」という怪しげな手紙が一通残されていました。



それにしてもこの居住区はドワーフ遺跡をそのまま掘っただけの場所ですね。
ところどころ埋まっている人骨は発掘されたのか、それともお墓のかわりなのか。
コスナッチもここに部屋を持っていました。



ウォーレンズから出るとまた変な人が。今度は衛兵とは別の人らしいです。



口で警告するだけでなく、体で分からせてやろうというタイプの方でした。
殴り合いならいつでも受けてたちますよ。こちとらウスガルドさんに鍛えられてるんだから。



この悪漢はネポスとかいう人に雇われたそうです。
シルバー・ブラッド家が所有する銀鉱山の労働者を取り仕切っているらしい。ドライストンはこちらを脅すだけで殺す気は無かった様子。敵はまだ本気になってないってことかな。



ひでぇ町だという感想を胸に、ネポスさんちへ。
女中らしき女性に止められましたが、奥にいたネポスさんが通していいと声をかけてくれました。



暖炉の前で本を読む普通のおじいちゃんぽい人。



フォースウォーンの王様が鉱山にいるそうです。彼はそこから仲間のフォースウォーンに指示を送り、市場でウェイリンをけしかけたのも王様がネポスさんを通じて命じたそうな。
あれ、この人シルバー・ブラッド家の鉱山経営担当じゃなかったの?



はい。ここまで聞いて無事に出られるなんて思ってません。
でもどうして真実を話しちゃったんですか。こんな行きずりの旅人に。



フォースウォーンはブレトンの血を濃く引いているらしく、魔法も上手に使ってきます。
屋敷の使用人ですら火の玉を飛ばしてくるなんて!



しかし相手はたかだか使用人と老人。なんとか撃退したものの、後味の悪さはぬぐえません。



ネポスさんの懐から出てきた日記。そうか。……疲れちゃったのね。
マルカルスに暮らすフォースウォーン達は、マダナック王に喜んで忠誠を誓っているか、監視下にあって怯える日々なのか、そのどちらかなのでしょうか。息が詰まるような暮らしです。



ここまでの成果をエルトリスさんに報告したかったのですが。
どこへ行っても面倒しか起こさない主人公。シルバー・ブラッドの毒牙がエルトリスさんにまで及びました。いや、これシルバー・ブラッド関係あるのか? 誰が殺したの。フォースウォーン?



シルバー・ブラッド家が市警隊を私物化していたほうがまだ救いがあったかもしれません。
市警隊も市警隊で腐敗しきっていたようです。
エルトリスさん殺害が誰の仕業かは分からないけれど、市警隊が殺人犯を主人公にしたがっているのは確か。

前へ | 次へ
PR

Author

UNI
Skyrimで遊ぶのも、CKで改造するのも好きなファンタジー好きです。
戦闘苦手で難易度は基本EASY、慣れてもNORMAL程度。 アンデッド恐怖症なので、ノルド遺跡探索が辛い……。

ブログ内検索

最新コメント

[10/20 放浪者]
[10/10 斥候]
[10/03 放浪者]
[10/02 放浪者]
[09/29 竜崎まりん]