忍者ブログ

方向音痴のSkyrim

PCゲーム「Skyrim」の雑多なCKいじり日記

ブローテッド・マン洞窟へ寄り道



夕方ヴォルキハル城を出たら、下スティープフォール洞窟でキャンプを張るのが定番になってきました。自分の部屋もないしベッドは棺桶だしで、あの城はなんとなく住みにくいです。

武者修行でウィンターホールド大学へ行くため、フォロワー達の人員整理をすることにしました。二人のドヴァキンとは別れて、いつの間にか増えてしまった自分の持ち物も整理したい。一度リバーウッドまで戻るつもりです。



翌日は無理やりな道のりでまっすぐ南下。
ヴォルスキーグが見えたので、ちょっと立ち寄ってみました。
上に見えた言葉の壁。遺跡を抜けずとも下から登れるようですね。



シャウトは……、やっぱり今回のキャラでは縁がないようにしたいなぁ。
遺跡の下あたりでついてこれずにうろうろしていたフォロワー達は、遺跡の扉に入ったと思ったら、壁の隣の扉から出てきました。NPCは便利ですね。
結局何もせずに降りました。ドラゴンプリーストも棺桶で寝たままだった。



その日の夕方にはドラゴンブリッジへ。



今日はもう少し行程を稼ぎたい。
16時に出発して、夜中までにカースワステンまで行けるかな。



フォロワー達が着いて来れないような道を急ぐ。
一時的に一人ぼっちになったら、無性に開放的な気分になりました。一人旅をしていた頃のドキドキ感が戻ってきた。
ドヴァキンだけでなく、イリアさんとセラーナさんとも別れて身軽になっちゃおうか。イリアさんは目を離すとリスポンするので、別れるかどうかは悩ましいところです。預けた荷物を取り上げておけばいいだけかな。



目論見通り、夜にはカースワーテンに到着できました。この村は宿がないのでテントを張ります。



明日にはホワイトラン入りする目処が立ちました。
フォロワーのためにテントを張ったり食事を用意したりするのも、今夜が最後になりそう。



翌日。
朝早くに出発してカーススパイアー近くの山道をよぎります。
野営地をこの角度から見るのははじめて。それよりこんな所に道があったんだ。



オールドフロルダンで朝食を……とか思っていたのですが。
なぜか宿の中に虎が現れて戦闘になりました。幽霊も手にしたばかりのヒャルティの剣で参戦。
朝ごはんは虎の肉にでもしよう。



喧嘩腰のノルドの罵声を浴びながら、のんびり食事。



まだ通っていないような道を探してホワイトランへ。
急いでいるものの、山や木立の向こうにちらりと人工物が見えるとついつい寄り道したくなる。



霧の向こうに見えたのは、サンガード砦の旗でした。すでにフォースウォーンに占拠された後。
砦にはキナレスの祭壇が設けられていました。



ブローテッド・マンの洞窟にも寄り道。



洞窟のそこかしこに散らばっていた生活の痕跡。
ボラーさんはここに剣を残した後、どうなったんだろうなぁ

前へ | 次へ
PR

Author

UNI
Skyrimで遊ぶのも、CKで改造するのも好きなファンタジー好きです。
戦闘苦手で難易度は基本EASY、慣れてもNORMAL程度。 アンデッド恐怖症なので、ノルド遺跡探索が辛い……。

ブログ内検索

最新コメント

[10/20 放浪者]
[10/10 斥候]
[10/03 放浪者]
[10/02 放浪者]
[09/29 竜崎まりん]