忍者ブログ

方向音痴のSkyrim

PCゲーム「Skyrim」の雑多なCKいじり日記

Procedure【Eat】


Eat

ダミーの食品を生成して(?)飲食アニメーションのみをとるか、指定したアイテムを実際に消費するか、どちらかを選ぶことができます。
Procedure自体はとても簡単ですが、どうもこれは自分のインベントリにあるアイテムを単純にアクティベートしているだけっぽくて、武器や防具を指定するとそれを装備してしまいます。意外な使い方ができそうな面白いProcedureです。


―パラメータ―
  • FoodType: 食べるアイテムを指定します。基本はポーション系を指定。本来武器に塗るはずの毒薬も飲んでしまうようです。再生されるアニメーションは食べたアイテムに関わらず、パンをかじるかジョッキを持つかをランダムで行います。Modを導入しているとこの辺りのアニメーションは変わるかもしれません。
  • CreatFakeFood: ダミーの食品アイテムを生成して飲食アニメーションだけ再生するかどうか。"True"だとFoodTypeのパラメータは使用されません。"False"でFoodTypeで指定されたアイテムを実際に使用します。使うアイテムは自分の所持品にある必要があります。



■アクティベートする回数
FoodTypeに指定されたアイテムは、複数個所持していても消費されるのは本来1個だけだと思われます。しかし当方で確認した限り、実際には2個消費されることが多いです。
1個だけ消費するのは、毒ポーションを使用した時でした。
UseMagicでも、1回だけを指定してるはずなのに2回連続で行動することが多いので、アクティベート系Procedureの癖なのかもしれません。

前へ | 次へ
PR

コメント

1. 更新有難うございますm(__)m

最近私ばっかり連投しててすみません…
AIパッケージ記事有難うございました!これはまたいじる楽しみ(CTDの苦しみ…)は増えました。
ところでReal Eat Packegeの記事が見当たらないのですが、あれは調整中か何かで外していらっしゃるのですか?ダウンロードし忘れていたのでニューバージョンが出るなら楽しみに待っています!

Re:更新有難うございますm(__)m

いえいえ、更新を楽しみにしていただけてうれしいです!
食事Modを作っている時に、「Eat」のAI Templateの使い方に少し癖があるのに気付いたので、他のAI Templateとあわせて紹介文を書いてみることにしました。AI TemplateもProcedureも結構数があるので、当分はブログのネタに困らなさそうです(^-^;

RealEatPackageは更新作業で記事を隠していましたが、先ほどバージョンアップしてきました。
オブリとかなり似たような感覚で食べ物を設置できるようになったと思います。
衛兵達にも食事ができるよう細工を施したので、ぜひとも素敵な手料理をご馳走してあげて下さいませ~。

Author

UNI
Skyrimで遊ぶのも、CKで改造するのも好きなファンタジー好きです。
戦闘苦手で難易度は基本EASY、慣れてもNORMAL程度。 アンデッド恐怖症なので、ノルド遺跡探索が辛い……。

ブログ内検索

最新コメント

[09/24 ひばりのスヴェン]
[09/21 ブレトン魔術師]
[09/19 ふぇりす]
[09/15 こんばんは!]
[09/09 NONAME]