忍者ブログ

方向音痴のSkyrim

PCゲーム「Skyrim」の雑多なCKいじり日記

Template【Sandbox系】

「Sandbox」はもっともよく使われるAI Packageの一つです。
このSandboxを中心としたAI PackageのTemplateをみていきます。



【Sandbox】【SandboxWorking】
これ一つで、「食べる」「眠る」「家具を使う」「マーカーを使う」など日常生活に必要な行動すべてを表現可能です。
「食べる」「眠る」については、行動を行う時間がある程度制限されています。特に「眠る」行動は時と状況によっては確実に行ってくれません。
確実に特定の行動を実行してほしいときは、「Eat」「Sleep」「SitTarget」「UseIdleMarker」など専用のAIを設定することをお勧めします。
「Sandbox」と「SandboxWorking」は見たところ全く同じ内容のAIになっているようです。仕事中を演出する時は、気分的に「SandboxWorking」を選んでおくというような程度で構わないと思います。

-Pabulic Package Data-
  • Location: 行動を行う場所。家具やマーカー等もこの範囲内にあるものしか使いません。
  • Unlock On Arrival?: Locationに移動した後、そのセルに通じる扉の鍵を開けるかどうか。そのNPCの自宅など、自分に扉の開け閉めの権利がある場合のみ行います。権利がなければ何もしません。
  • AllowEating: 食事のアニメーションをするかどうか。パンをかじったり、ジョッキをあおったり。ランダムに食事することもあるようですが、8時前後、12時前後、18時前後と、1日3度の食事時間も決められています。
  • AllowSleeping: 睡眠を許可するかどうか。19時~1時の時間帯が睡眠開始時刻になっています。時間を過ぎても起きていたら、その日はもう寝ません。実行するかどうかはランダムなので、Trueにしていても寝るかもしれない程度の設定です。
  • AllowConversation: NPC同士のランダム会話を許可するかどうか? Falseの設定で使ったことが無いのでよく分かりません。少なくとも会話自体の許可不許可の項目ではないようです。
  • AllowIdleMarkers: Idle Markerを使用するかどうか。自分に所有権のないマーカーは使えないので注意です。Idle MarkerのOwnershipを確認してみてください。屋内セルでのIdle Markerは、Ownershipタブ内で所有者を指定しない限り、セルの所有者のものになってしまいます。
  • AllowSitting: ActiveMarkersに"Sit 0 "のMarkerを持っている家具を使用するかどうか、と思われます。 Markerの有無は家具のデータを確認してみてください。ベッド以外の大半の家具が該当します。
  • AllowSpecialFuniture: "FurnitureSpecial"のキーワードを持つ家具を使用するかどうか、と思われます。キーワードの有無は家具のデータを確認してみてください。鍛冶炉や錬金術台の他、作業系家具を中心に結構な種類の家具が該当します。「AllowSitting」を"False"にしてこれを"True"にすると"FurnitureSpecial"のキーワードを持つ家具しか使用しなくなるので、仕事中っぽい演出ができそうです。
  • AllowWandering: 無目的に徘徊するかどうか。Falseだと許可されている家具を使用するためだけに移動しますが、Locationの範囲内に使えるものが無ければ棒立ちになる可能性もあります。
  • Prefered Path Only?: 移動するとき、可能な限り優先度が高く設定されたNavmeshを通ろうとします。あまり意識しなくてもいい設定なので、よく分からなければFalseで問題ないかと。
  • RideHorseIfPossible: Locationまで移動する時、乗れる馬がいれば乗るかどうか。自分に所有権のある馬しか乗りません。
  • Energy: 一つの行動にかける時間を算出する基準値。数値が大きいほど行動にかける時間が短くなり、落ち着きのない人になります。一般的には50。200を設定したら、行動時間ゼロの不審者になりました。大きくても100程度にとどめておいた方がいいのかもしれません。

【SandboxMultiLocation】【SandboxWorkingMultiLocation】
基本は「Sandbox」と同じ。「SandboxMultiLocation」ではLocationを最大6つ、「SandboxWorkingMultiLocation」は最大4つまで設定できます。
なお馬に乗っての移動はできなくなっています。

  • Random? (sequential if false): 各Locationをランダムに移動するかどうか。"False"だと1番から順に移動します。
  • Location1~6: 行動を行う場所を設定。使わない番号は何も設定せず初期値のままでかまいません。
  • Location 1~6 Time (seconds): 各Locationでの滞在時間(秒)。Locaitonを設定したら、必ずゼロ以上の数値を入力してください。ゼロだとそのLocationには行かなくなります。逆に使用しないLocationの滞在時間は、かならずゼロにしておきます。

【SandboxandKeepEye】
「Sandbox」にプラスして、特定の範囲内に特定のNPCが入ると監視モードに切り替わるAI。主に営業中の店舗の主人に使用されています。監視モードに入るとNPCは監視対象について歩き、Sandboxの行動は行わなくなります。
通常過ごす場所の「Location」、監視エリアの「Observation Area」、監視終了エリアの「EndPersuitArea」の3つの場所を、適切に設定する必要があります。
  • TargetToObserve: 監視対象
  • Observation Area: 監視対象がこの範囲に入り、自分の視界から見えなくなると監視モード発動。
  • EndPursuitArea: 監視対象がこの範囲に入ると監視モード終了。
前へ | 次へ
PR

Author

UNI
Skyrimで遊ぶのも、CKで改造するのも好きなファンタジー好きです。
戦闘苦手で難易度は基本EASY、慣れてもNORMAL程度。 アンデッド恐怖症なので、ノルド遺跡探索が辛い……。

ブログ内検索

最新コメント

[09/24 ひばりのスヴェン]
[09/21 ブレトン魔術師]
[09/19 ふぇりす]
[09/15 こんばんは!]
[09/09 NONAME]