忍者ブログ

方向音痴のSkyrim

PCゲーム「Skyrim」の雑多なCKいじり日記

Template【Follow系】

Follow系テンプレートです。カジートキャラバンのメンバーや雇用中のフォロワーなど、誰かの後についていく系のAI。

【Follow】
指定した対象に対し、Min RadiusとMax Radiusの間の距離を保ちながら追従します。移動速度は追従対象との距離によって変わります。

  • Target to Follow: 追従対象。
  • Min Radius: 追従対象にこの範囲内まで近づくと、止まって距離があくのを待ちます。
  • Max Radius: 追従対象からこれ以上の距離があくと、走って追いつこうとします。
  • Accompany?: 追従対象がNPCの時のみ有効。特殊なAIが適用され、追従対象の目的地へ先回りするように移動します。結果として、追従対象の後ろを歩くのではなく、先行したり連れだって歩いたりします。目的地はセルとセルの境界など、経路計算上の処理単位(?)での目的地となるようです。
  • Ride Horse?: 馬に乗れたら乗って追従します。
  • Need LOS?: 追従対象が視界にいるときだけ追従するかどうか。

【FollowAndKeepDistanceTemplete】
指定した対象に追従するが、指定した範囲まで対象に近づくと範囲外へ退避するAI。追従対象から常に一定の距離を開けてくれるので、使い方によっては便利です。

  • Target1 / Target2: この二つの対象から一定の距離を開けようとします。対象が一つなら、Target2はNONEのままで。
  • Flee Radius: 上のTargetのどちらかに、この範囲内まで近づいたら離れます。
  • Target to Follow: 「1」か「2」の値を入力。上のTargetのどちらに追従するかを選択します。選択しなかった方には追従しませんが、近づきすぎたら離れようとします。


【FollowTo】
「Follow」とほぼ同じですが、最終目的地が存在します。最終目的地へ到着したらOnEnd、行動終了となります。
馬には乗らないようになっています。

  • Destination (stop following at): 最終目的地。ここまで来たら追従をやめて行動終了。

【FollowerPackageTemplete】
雇用中のフォロワー用AIのひとつ。プレイヤーに追従するよう設定されており、変更できません。
Actor Valueの "WaitingForPlayer" が「0」のとき "target" に追従し、「1」のときはその場にとどまります。椅子などに座らせた状態で待機させると、そのまま座り続けるようになっています。

  • target: 不使用Public Data。使われていない項目なので放っておきましょう。
  • Waiting Location: 待機する場所。デフォルトでは、自分が今いる場所「Near Self」が設定されています。待機場所から一切動かないので、Radiusはゼロのままでもほとんど差し支えないです。

【FollowPlayer】
雇用中のフォロワー用AIのひとつ。プレイヤーに追従するよう設定されており、変更できません。
Actor Valueの "WaitingForPlayer" が「0」のときプレイヤーに追従し、「1」のときはその場にとどまります。待機中、Sandbox AIにより自由行動できるのが特徴です。

  • Sandbox While Waiting ?: 待機中、Sandobox AIで自由行動を許可するかどうか。「False」にすると、「Waiting Location」にて立ちんぼうで待機します。「True」だと「Waiting Location」の範囲内でSandbox AIを実行します。この項目以下の「Allow~?」は、Sandobox AIの設定になります。

【SingleFileFollow】
指定した目的地まで、NPC4人縦列を組んで移動させられるテンプレート。リーダーが死ぬとメンバーは各自バラバラになって目的地を目指します。FollowよりはTravel系かもしれませんが、一応こちらで紹介します。
リーダーに対してメンバーはごく普通の「Follow」AIによる追従行動をとります。

  • Leader: メンバーを目的地まで導くNPCを設定します。
  • Follower1~3: メンバーを3人まで設定できます。番号順に縦一列に並んでリーダーの後についていきます。メンバーが死亡した場合でも、順番を守ったまま間を詰めて追従します。
  • Destination if Leader Dies: 目的地。

【WEPrisnerEscort】
囚人を目的地まで護送する兵士達に使われているAI。「Escort」と「Follow」の組み合わせからなるテンプレート。
囚人が動けなくなると、他のメンバーもその場にとどまるしかなくなります。

  • Guard1~3: 囚人を護送するNPC3名。Guard1が先頭に立って囚人を「Escort」します。他のGuardは囚人に「Follow」します。1番が死ぬと、2番が先頭を引き継いで目的地を目指します。Guardが全滅すると、囚人は「Escort」の呪縛から放たれるので、自身に設定されたAIで動けるようになります。文字通り自由の身。
  • Prisoner: 囚人役を設定します。
  • Actually Guard Prisoner: 囚人に特定のNPCやFactionに加入しているNPCが近づいた際、警告するかどうか。先頭に立って囚人を導いているGuardのみが行います。
  • Prisoner Location For Guard Radius: 警告する設定になっていると、この範囲内に入ったらGuardが警告します。
  • Suspiscious Of: 警告する対象。Factionも設定できます。
  • Destination: 目的地。

【GroupMovement】
5名まで、特定のNPCに対して警戒しながら集団で移動させることが可能です。パトロールマーカーを使用するか、指定した2つの地点をエンドレスに往復するかを選べます。

  • Actor1~5: 最大5名まで設定可。Actor1がリーダーとして先導します。Actor1が死亡した場合は、次点メンバーが順次先頭を引き継ぎます。
  • Destination1/2: 目的地を二つ設定します。デフォルトではこの二つの地点を往復するようになっています。
  • Leader Patrol Instead?: 二つの目的地を往復するのではなく、パトロールMarkerを使ってほしい場合はこれを「True」にします。
  • Patrol Start: パトロールMarkerを使用する場合は、こちらを忘れずに設定。
  • Actors Should Guard?: 警戒行動を行うかどうか。
  • Off limits area: この範囲内に警戒対象が入った場合は、警告を行います。
  • Suspicious Of: 警告する対象。Factionも設定できます。

前へ | 次へ
PR

Author

UNI
Skyrimで遊ぶのも、CKで改造するのも好きなファンタジー好きです。
戦闘苦手で難易度は基本EASY、慣れてもNORMAL程度。 アンデッド恐怖症なので、ノルド遺跡探索が辛い……。

ブログ内検索

最新コメント

[05/16 NONAME]
[05/14 感染者の巡回者]
[05/08 NONAME]
[05/06 らいじゅ]
[04/30 NONAME]