忍者ブログ

方向音痴のSkyrim

PCゲーム「Skyrim」の雑多なCKいじり日記

Template【Activate系】

鎖を引いたり、レバーを押したりといった、オブジェクトをアクティベートする(使う)AI Template。
アクティベートしようとしているオブジェクトを変なタイミングで他NPCに横取りされたら、AIが止まる可能性がそこそこ高いです。AI Package開始時に、対象オブジェクトとNPCが同じセルかワールドにいないと(?)AIが正しく動作しないこともあるようです。
安定して使うには、何らかの形でScriptの補助を添えたほうがいいかもしれません。

【Activate】
指定したオブジェクトをアクティベートし、アクティベートに成功すればOnEnd、行動終了となります。
クエスト中のレバー操作などでよく使われているようです。
身近な例では、製材所の主人が機械のレバーを押す動作に使用されています。裁断機にScriptがついており、そちらから製材所主人のAIが滞りなく進むよう設定されています。

  • target: アクティベートする対象を指定。家具なら使用し、アイテムなら拾います。

【ActivateSpecialFurniture】
「Activate」と同じくオブジェクトをアクティベートしますが、こちらは永遠に何度でもアクティベートし続けます。
身近な例では、製材所の主人が丸太を機械に降ろす動作に使用されています。「Activate」に比べるとバニラでの使用例はそれほど多くありません。

  • target: アクティベートする対象を指定。「Activate」と同じですが、アクティベートを繰り返すため、もっぱら家具類を指定することになるでしょう。アイテムだと一度拾ったらなくなります。


以下のTemplateはゲーム中でも使われている場面が非常に限られているので、簡単な説明のみです。まともに使ったことがないので詳しくは分かりません。

【ActivateInSequence】
Target1~6、Final Targetで、最大で7つの対象を順にアクティベートさせます。7個未満で設定する時は、Target1とFinal Targetは必ず使用してください。Target2~6は設定しないものがあっても大丈夫だと思います。リピートする設定だと永遠に終わらないAI Templateになり、リピートしない設定だと、Final Targetをアクティベートしたら行動終了となります。
【ActivateAfterFinding】
Target CriteriaをSearch Locの範囲で探し、見つけたらそれをアクティベートします。

前へ | 次へ
PR

Author

UNI
Skyrimで遊ぶのも、CKで改造するのも好きなファンタジー好きです。
戦闘苦手で難易度は基本EASY、慣れてもNORMAL程度。 アンデッド恐怖症なので、ノルド遺跡探索が辛い……。

ブログ内検索

最新コメント

[10/20 放浪者]
[10/10 斥候]
[10/03 放浪者]
[10/02 放浪者]
[09/29 竜崎まりん]