忍者ブログ

方向音痴のSkyrim

PCゲーム「Skyrim」の雑多なCKいじり日記

4E201降霜の月9日(木) ナハグリーヴ戦




洞窟を抜けてホワイトランの荒野へでる。
そこには獣の王の幽霊が私を待っていた。そうだった。ハーシーンの相手がまだ残っていたのだ。



ハーシーンは、私が狩人達からシンディングを助けたことをすでに知っていた。彼の命に背き、シンディングを狩らなかったことを。
彼のやり方を軽蔑する私に、ハーシーンはそう思って構わないと答えた。デイドラ大公にとって、常命の者の批判など塵や埃に等しいのだろう。そもそも一時代の道徳観や価値観がどうのとかいうスケールで生きている手合いではない。



彼はただ、公平な狩りが行われたことに満足していた。狩る者と狩られる者の立場は、常に入れ替わる可能性を秘めている。それこそが狩りであり、そこだけに狩人の栄光があるのだと。
……恐らくそういうことだろう。



ハーシーンはご機嫌で、私の手の中にシンディングが盗んだハーシーンの指輪を残して消え失せた。これがあれば、いつでもウェアウルフの血を活性化させることができるらしい。
もっとも私はウェアウルフの血など一滴もないから、指輪は役立たずだ。ウェアウルフどころか、私はトカゲだ。あんな訳の分からない哺乳類になどなるものか。



今夜の暖かで柔らかな寝床を夢見て、深夜の街道をロリクステッドへ向けてひた走る。
さあ、村の家々がようやく見えてきたというところで、美しい夜空に何かが舞った。
認めたくはないのだが、どうもドラゴンのような気がする。



ロリクステッドの上空を舞っていたドラゴンは、ドラゴンの中でも最悪な相手、アルドゥインだった。
そういえば、ロリクステッド近くの丘の上にドラゴンの墓があったはず。



疲労をおして丘の上へ駆けつけると、墓の中から骨のドラゴンが這い出てくるところだった。
アルドゥインが何かのシャウトを叫ぶと、骨のドラゴンに光が集まり始める。カイネスグローブでのあれと同じだ。



徐々に失った血肉を取り戻していく骨のドラゴンは、アルドゥインの前で恭しく翼を広げた。
ナハグリーヴ。それがこのドラゴンの名らしい。
ナハグリーヴが肉体を取り戻すと、アルドゥインは飛び去って行った。



アルドゥインが飛び去った夜空がひらめき、オーロラが輝いた。偶然なのだろうが、なんとも絵になる光景だ。
数千年ぶりに力と自由を取り戻したナハグリーヴは、得意げに大空を舞った。そして私の姿と、壊しがいのある人間達の集落を見つけて喜びの咆哮をあげる。
私は奴に挨拶代わりの揺るぎなき力を放った。
昨日のドラゴン退治に引き続き、今夜もドラゴン退治か。前回使ったヒストの力は、まだ十分に回復していない。回復薬も底をついている。勝てるのだろうか。しかし今回は逃げられない。ロリクステッドの村を焼かせるわけにはいかないのだ。



逃げようとしないのは、私だけではなかった。ロリクステッドを守るホワイトラン衛兵たちが、ドラゴンへの攻撃を開始した。
イリレス達と共に西の監視塔でドラゴンと戦った記憶が蘇る。ホワイトラン衛兵は勇敢だ。



蘇生したばかりでナハグリーヴも本調子ではなかったのかもしれない。か弱い人間風情と、侮ったところもあったのかもしれない。
私達をからかうつもりで地面に降り立ったナハグリーヴは、もう二度と空に舞い上がることはできなかった。衛兵たちの矢と剣が突き刺さり、私も横面に爪をたてる。
血まみれの体がついに再び命を失って光に包まれ、魂は私の中へと吸収された。



ドラゴンボーンのドラゴンソウルの吸収は、話で聞くのと生で見るのとは迫力が違うらしい。
ドラゴン戦の勝利にわく喜びも束の間、衛兵は自分達の見たものにあっけにとられてしまっていた。
どうだ、ドラゴンボーンの魂吸収は。どんなに疲れていても変わらない吸収力なのだ。いや、本当に疲れたから、ドラゴンとかもうどうでもいい。宿で早く休むとしよう。



疲れた体で宿に這い入ると、そこには知った顔がある。宿の息子のエリクだ。
起きていたなら、ドラゴン退治を手伝ってくれてもよかったのだが。外の騒動が聞こえなかったのか。



彼は中古の鉄の鎧を身に着け、いっぱしの傭兵の恰好をしていた。
冒険者を目指す彼は、まず金を稼ぐために傭兵になることにしたらしい。そして仕事がしやすいよう、いかにも強そうな二つ名を自ら名乗っていた。虐殺者とはまたずいぶん強気にでたな。実力が名に追いつくよう応援している。それより忙しそうな親父さんに代わって、私に部屋を一つ見繕ってもらえないかな。
それにしても長い一日だった。獣の王、ハーシーンの信者達、ウェアウルフ、二日続けてのドラゴン戦。死ぬほど疲れた。早く休みたい……。


前へ | 次へ
PR

コメント

1. エリクいいですよね

バニラでは軽装と両手武器に適正があるバーバリアンクラスで、好青年な雰囲気もあるエリクはずっと連れまわす程ではないものの好きなキャラでした。非公式パッチではよく見かける重装片手キャラになっていたので書き戻しましたが…(笑)
両手武器フォロワーって意外と立ちまわりが重くて、防御ができない二刀流やスペルソードスタイルの方がガンガン攻めていく感じがしますね。それでもグレートソード一本担いで切り込んでいく姿はやっぱり、これぞノルドだなーという感じです。

Re:エリクいいですよね

軽装両手武器はやられる前にやるスタイルですね。逆に重装片手&盾は、無難で安定した立ち回りができる組み合わせ。
エリクみたいに初期装備と装備適性が違うフォロワーはちょこちょこいますが、ファルカスみたいに明らかな設定ミス以外は案外意図した設定だったのかも。エリクの場合も「本当は軽装で素早く立ち回りたいけど親父が……」みたいなセリフを入れておくと、初期装備と適性の齟齬もありですよね。ムラルキさん、息子が冒険者になるのをだいぶ渋ってましたから(笑)

コメント

2. 初めまして

初めまして!
たくさんのMODをps4に提供して頂き、本当にありがとうございます!

以前からこちらのブログを色々と拝見させて頂いておりまして、自分でもMODを作成してみたくなり、ckで簡単なダンジョンを作ってみたのですが、試しにBethesda.netにアップロードしてみようとしたら、

スカイリムSEのcreation kitについて
creation kit を使ってMODを作り、初めてアップロードをしようと思ったのですが、

ck内のfile→login to Bethesda.net からのログイン時に、

warning: your Bethesda .net account
must be linked to Skyrim SE Steam account in order to upload mods to Bethesda.net

というメッセージが出て、

file → upload plugin and archive to Bethesda.net のPC、XB1、PS4の部分がクリック出来ません。(グレーになっています)

MOD制作初心者で、自分でも色々調べてみましたが原因がわからなくて困っております。

不躾ではありますが、もし対処の方法が分かるようでしたら教えて頂けますと幸いです。

Re:初めまして

はじめまして! ダンジョンMod作成されたんですね。お疲れ様です。Mod作者さんが増えてうれしいです!

warning: your Bethesda .net account
must be linked to Skyrim SE Steam account in order to upload mods to Bethesda.net
とあるので、Bethesda.netのアカウントとSteamのアカウント連携ができてないのが原因っぽいです。
連携は、スマホかPCでBethesda.netのページにログインして、画面右上のアカウント設定のアイコンから「アカウント連携」を選ぶとSteamとの連携ボタンが見つかりますよ。連携の設定ができたら、CKでModのアップロードができるようになると思います。

コメント

3. ありがとうございます!

無事にアップロード出来ました!
本当にありがとうございます!
まだ右も左も分かりませんが、色々弄りながら学んでいきたいと思っております。

今は、バンパイアロードのコウモリ化を魔法に出来ないか試行錯誤しております。

出来るのかな・・・

Re:ありがとうございます!

アップロードできたようでよかったです!
変身しなくてもヴァンパイアロードのコウモリ化の力が使えると、RPの幅が広がりそうですね。でもヴァンパイアロード時の能力はScriptがたくさんついて複雑だったと思うので、物によってはうまく魔法化できないかもしれません……。

Author

UNI
Skyrimで遊ぶのも、CKで改造するのも好きなファンタジー好きです。
戦闘苦手で難易度は基本EASY、慣れてもNORMAL程度。 アンデッド恐怖症なので、ノルド遺跡探索が辛い……。

ブログ内検索

最新コメント

[09/24 ひばりのスヴェン]
[09/21 ブレトン魔術師]
[09/19 ふぇりす]
[09/15 こんばんは!]
[09/09 NONAME]