忍者ブログ

方向音痴のSkyrim

PCゲーム「Skyrim」の雑多なCKいじり日記

4E201降霜の月2日(木) 深夜



酒場にどこかで見たことのある人物。
確かサルモール大使館でスパイ活動の報告をしていた人間だ。先回りされたのだろうか。
まあこちらを気にしているようでもなし。私の顔も彼は知るまい。



サルモールのスパイが酒場にいることで、ますます確信は深まった。やはりエズバーンはここだな。
しかし酒場の主に尋ねてみるも、そっけない返事だ。



こういう場所での礼儀というものにも、私は慣れてきた。いくらかの金を出すと主はあっさりと口を割る。……ということはサルモールも案外簡単に情報を聞き出せる、あるいは聞き出せたのではないだろうか。



不安を感じた私がちらりと客席に目をやると、先ほどの人間がおもむろに立ち上がり酒場から出ていくところだ。
これはまずいのだろうか。ひとまず引き留めた方がよさそうだ。



男はそそくさとラグド・フラゴンの扉の向こうへ消えた。
慌てた私が扉をくぐると男の声がする。エルフらしき尊大な口調の声も。どうやらあのスパイ、エズバーンではなく私自身に標的を絞って待ち伏せしていたようだ。



ばれたからにはここから生きて出すわけにはいかない。向こうもそのつもりだろう。
男の案内で現れたサルモールの高官に、出合い頭の一発をお見舞いし、戦闘開始だ。敵はエルフ三人と先ほどのスパイだ。



エルフ達の魔法には毎度手を焼かされる。幸いなのは大使館で暴れたときのように、一度に大量の敵を相手にしなくて済むことだ。
戦いが終わって死体を確認すると、あのスパイの姿がない。誰も逃がさなかったはずだから、酒場の方へ後戻りしたようだ。



酒場に戻って、最後の仕上げだ。



スパイの懐を探ると、こんな手紙が出てきた。やはり私自身も標的になっていたようだ。
手紙の送り主は、リフテンの市場で私をつけ回していたあのカジートだろう。手が早いものだ。



さて、ラットウェイの深部へ降りるとするか。
この死体はここに置いて行っていいかな。酒場の用心棒も、見慣れた光景なのか一切反応がない。酒場で暴れて衛兵沙汰にならないのは助かるが、いやはや、ここはひどい場所だ。エズバーンを見つけたら、さっさと娑婆に出るとしよう。


前へ | 次へ
PR

コメント

1. 無題

ギシュール?だれだこいつ?いたっけ?となりましたw
まさか殺さなければ、ここにも出るとはw

Re:無題

あの大使館潜入クエスト後日談は、意外と細かいところまで作られてますね。マルボーンも死ななければ、ウィンドヘルムに身を潜めますし。ただギシュールはさすがに影が薄すぎるので、覚えてる人の方が少ない気がします(笑)

Author

UNI
Skyrimで遊ぶのも、CKで改造するのも好きなファンタジー好きです。
戦闘苦手で難易度は基本EASY、慣れてもNORMAL程度。 アンデッド恐怖症なので、ノルド遺跡探索が辛い……。

ブログ内検索

最新コメント

[04/22 放浪者]
[04/21 NONAME]
[04/21 NONAME]
[04/18 放浪者]
[04/14 放浪者の名無し]