忍者ブログ

方向音痴のSkyrim

PCゲーム「Skyrim」の雑多なCKいじり日記

4E201収穫の月26日(火)



雲が多いが、恐らく雨にはならないだろう。
ホワイトランからイヴァルステッドへ向かうのは初めてだ。幸いリディアが道を知っているとのこと。地元の人間が案内してくれるのは頼もしい限りだ。



ホワイトラン周辺は衛兵が見回って安全だが、少しでも離れると街道には狼が獲物を探してうろついている。
獣の影が濃いのはスカイリムの自然の豊かさだろうが、旅人にとってはたまったものではないな。幸い私にはまだキナレスの祝福があるので、襲われはしないのだが。



道中、こちらに向かってボロ布を来た女性が走ってきた。身なりからして脱走した囚人にも見える。
私の予想はおおむね当たっていた。彼女は山賊に捕えられていた囚人だった。隙を見て逃げ出し、誰かに助けを求めていたようだ。ホワイトランまで送ろうかという申し出を、彼女は町の方角さえ教えてもらえば大丈夫だと断った。それよりも第二第三の被害者を出さぬために、ミストウォッチ砦の山賊を退治してほしいという。
一旅人として、山賊の噂は捨て置けんな。覚えておこう。



町の方角へ走り去る女性を見送ろうとして、私は先ほどの狼を思い出した。
いくらなんでも素手の女性があれに襲われたらひとたまりもない。
慌てて彼女の後を追った私達だが、追いついた時にはもう、彼女は狼を素手で殴り殺して立ち去りかけるところだった。
……スカイリムの女性は逞しいものだ。



ホワイトランからイヴァルステッドまでの道は二つ。
一つは、道なりに進んでヴァルトヘイムタワーという関所を通る道。リディアの話では、あそこは山賊が陣取っていて、旅人から通行料をせしめているらしい。
もう一つは、タワーの手前で東の山岳地へ入る道らしい。こちらは野生の獣に気をつける程度なのだとか。



いざその道へ分け入るも、これはかなりの急勾配だ。



雪の積もる高度まで登ったところで、天気の方は下り坂真っ逆さまである。
リディアに何度も本当にこの道でいいのかと確認を取りつつ、雪をまとって真っ白になった針葉樹の林を凍えながら進む。



寒さのあまり尻尾がちぎれかけるところで、道は下りに変わった。雪は消え、空も晴れてくる。土の地面が見えてきてほっとした。



山岳地の東へ抜けたようだ。ひどい難路だった。ノルドにはあの程度の山道や雪は平気なのだろう。今後リディアに道案内を頼むときは、用心せねば。



ささやかな山道が我々を導いてくれる。
ここには関所か何かがあったのだろうか。道の近くに廃墟が広がっていた。古井戸もあったから、山村でもあったのかもしれない。



夕暮れ時、ようやく世界のノドの足元までたどり着けた。イヴァルステッドまであと少しだ。



星が輝き始めるころ、私達は宿屋ヴァルマイヤーで暖かなハチミツ酒にありつけた。
やれやれ、懐が寂しい。これ以上リディアの食費まで捻出するのは難しいな。明日は私一人で山へ登ろうと思う。

前へ | 次へ
PR

Author

UNI
Skyrimで遊ぶのも、CKで改造するのも好きなファンタジー好きです。
戦闘苦手で難易度は基本EASY、慣れてもNORMAL程度。 アンデッド恐怖症なので、ノルド遺跡探索が辛い……。

ブログ内検索

最新コメント

[12/15 yuki]
[11/29 番人]
[11/28 放浪者]
[11/28 さん]
[11/27 chromechrome-X]