忍者ブログ

方向音痴のSkyrim

PCゲーム「Skyrim」の雑多なCKいじり日記

Object Palette

Object Palettes

◼︎各項目

・Palette Objects:Object Windowからドラッグ&ドロップで一覧に追加
・Objects To Create From:現在選択中のオブジェクト。複数選択している場合、この中からランダムで1つだけ設置される
・Name:Pallete内でのオブジェクトの名称。好きな名前をつけられる
・Object:元オブジェクト。Paletteの設定はそのままに元オブジェクトだけを変えたい場合などに変更
・Angle:配置時の角度の設定。「+/-」に値を入れると、その範囲内でランダムに数値を増減してくれる。「Comform to slope」にチェックを入れると、地形に合わせて自動的に傾く。
・Sink:設置する高さ(z軸)の初期位置補正。正の値で下、負の値で上にずらせる。
・Scale:配置時のスケールの設定。
・Apply Settings To Preview:上記の設定をプレビュー画面に反映。ランダム数値を入れた場合は、押す度に設定が反映されます。

◼︎配置方法

1. Paletteから置きたいオブジェクトを選択。
2. Render画面内で「CTRL + ALT + 左クリック」
 
 
簡単な追加説明は以下。



上部メニューより、「World > Object Palette Editing」で開けます。


左側の一覧に、自分がよく使うオブジェクトをドラッグ&ドロップで登録します。登録したオブジェクトはプレビュー欄ですぐに確認できるので、とても便利。
また、プレビュー欄の下の項目では、登録したオブジェクトに対し、アングル、スケールなどの初期値を与えることもできます。「name」には、登録したオブジェクトに自分の分かりやすい名前をつけられます。同じオブジェクトを複数登録し、それぞれに異なった名前と初期値を設定して使い分けることが簡単にできます。

一通りオブジェクトを登録したら、「Save」ボタンで保存。次回使いたい時は「Load」ボタンから保存したoplファイルを読みこみます。オブジェクトの用途によって複数のファイルを作れば、必要に応じて「Merge」ボタンでリストを合体させることもできます。

上の例は食卓を飾るオブジェクトを集めた自作Object Palette。
タンカードの設定を少しいじってみました。z軸で、「0」度を基準に「±180」度の範囲でランダムに角度を変える設定にしています。



「CTRL + ALT + 左クリック」で、Object Palette にて選択中のオブジェクトが置けます。連続してぱっぱと置けるから、小物の配置が特に楽。
タンカードを幾つか配置してみました。設定通り、ランダムな角度で置けています。
PR

Author

UNI
Skyrimで遊ぶのも、CKで改造するのも好きなファンタジー好きです。
戦闘苦手で難易度は基本EASY、慣れてもNORMAL程度。 アンデッド恐怖症なので、ノルド遺跡探索が辛い……。

ブログ内検索

最新コメント

[11/12 fighf]
[11/11 AllicebeLype]
[11/11 コング]
[11/10 chomechome-X]
[11/05 UNPおじさん]