忍者ブログ

方向音痴のSkyrim

PCゲーム「Skyrim」の雑多なCKいじり日記

Top Page

 
難易度Normalでプレイしつつ、Creation Kitでも細々とがっつりと遊んでおります。
主にCKでの作業日誌と、個人的覚書のブログ。

「カテゴリ説明」※各記事へのリンクをまとめたページもあります。
Creation Kit:ある程度理解の進んだ項目をまとめています。
CK作業記録:間違ったことを書いている場合が多々ある、個人的な作業記録です。間違っていた部分は、こまめに修正しています。
自作Mod:自作のModを配布しています。

プレイ日記:プレイ期間が開くとどのクエストをやっていたか忘れるので、つけています。
 ダークエルフ(diary000~106)
 アルゴニアン(lizard000~)

■プレイキャラの履歴

初代:ノルド女(Lv.57)

得意スキル:片手、盾、重装、弓、鍛冶、付呪
記録:初TES。パソコンでRPGをやること自体初めてだったので、完全なおのぼりさんプレイで目に付いたクエストは手当たりしだい受けました。MODの入れ方もよく分からなかったので、バニラプレイ。
アンデッドが苦手なので、ブリークフォール墓地で早くも地獄を見ました。あまりに怖くて、ジェナッサさんについてきてもらおうと必死に500G貯めたのはいい思い出。墓地の暗がりで何気なく後ろを振り返ったときのジェナッサさんの顔が(というよりダンマーの顔が)、ドラウグルとは別の意味で超怖かったのもいい思い出。
内戦クエストは帝国側で完遂。アルドゥイン撃破。DLCは導入していませんでした。
婿は、ヴォルスタグ。マーラのアミュレットを手に入れた当初は迷わずベレソアにアタックしたのですが、残念ながら結婚できず。様々な遺跡から得体の知れないものを持って帰る女の婿には、何でも売れる腕を持った彼しかいないと思ったのに……。結局、山賊討伐に連れ出したヴォルスタグと。初めて連れ出した野営地にて山賊と乱戦になり、戦闘が終わったときその場に立っていたのは自分ひとりという状況になりました。彼の装備は山賊とそっくりでしたから。山賊の死体に混じって倒れていた彼を見つけ、乱戦前のデータをロードしつつ「だめだこいつ。私が守らないと」で結婚を決めました。
歴代プレイキャラの中で最強です。

2代目:カジート女(Lv.38)

得意スキル:隠密、弓、解錠、軽装、片手、スリ
記録:
盗賊ギルドクエストをやろうと思い作成。その後お試しで闇の一党クエストにも手を出し、夜母がトラウマになりました。
泥棒猫プレイなので、内戦には関わらず、メインクエストもユルゲンさんの角笛あたりでストップ。スリはあまりやる機会が無くてそこまでスキルがあがりませんでした。初代の続きで、「死体から盗むほうがずっと簡単だからなぁ!」プレイが抜けなかったせいもあります。
結婚できるカジート男性がいなかったのでずっと独り身。ペットはシセロ。所持品交換の時彼はくすぐったがりますが、あれ、プレイヤーがわざわざ着替えさせてやってるんでしょうか。おっさんの着替えの介添えなんて、いくら猫でも嫌です。

3代目:ノルド男(Lv.48)

得意スキル:両手、重装、鍛冶
記録:
頑固なノルドRPをやってみようと思い作成。ウィンドヘルムではロルフ達の味方をして、ダンマーの皆さんのひんしゅくをかいました。会話選択肢はすべて威圧をセレクト。小難しい交渉はしません。誰を殴ればいいのかだけ教えてくれプレイ。そのくせセラーナさんにはひたすら無難な返答しかしませんでした。アルドゥイン、ハルコン、ミラーク、立ちふさがる敵はすべて撃破。
内戦は当然ストームクローク側で。しかし最初の戦いを終え、ウルフリック首長から最初の二つ名を襲名した時、あまりの恥ずかしさにかなり本気で帝国側へ出奔したくなったのは秘密。その後もクラスチェンジし益々恥ずかしくなっていく二つ名。三つ目をもらったあたりで悟りの境地に達しました。
結婚はシャーヴィーと。頑固者ノルドとしてはノルド女性を妻にすべきなのでしょうが、ウルフリックから恥ずかしい二つ名をもらって以来、彼の中で何かが変わっていたようです。ソルスセイムではダンマーとも仲良くなってしまいましたし。あと性格的に一番安心して家を任せられそうなのが、彼女しかいなかったとも言えますが。子供はソフィとアレサンを引き取りました。
カトリアさんの形見のサークレットを大事にしています。


4代目:ダンマー男(Lv.36)

得意スキル:破壊、片手、軽装
記録:
清く正しい渡りの労働者のつもりでスタート。当初はまじめに薪割りと鉱山労働でお金を稼いでいましたが、その後ドヴァキンフォロワーの従者に転職。さらにその後、なんとなく関わったドーンガードクエストにて吸血鬼サイドでクリアしたことがなかったのを思い出し、ハルコン側につきました。ナミラ信者もやってます。でも吸血鬼なので、肉食べるより血を吸うほうが好みです。
ハーシーンクエストではシンディング生存ルートを選択。こちらの選択をするのは実ははじめてです。お天道様に顔向けできない者同士、吸血鬼とウェアウルフでハンター達を仕留めるのはなかなか楽しかったです。これでシンディング同様、罪に穢れた渡りの労働者になってしまいました。
能力値の割り振りを間違ったのか、打たれ弱いスペルソードに育っています。セロさんみたいに賢く立ち回れる強いスペルソードになりたかったのですが。


5代目:ノルド女(Lv.45) テストプレイ用

得意スキル:片手、隠密、スリ、軽装
記録:4代目と平行プレイ。
Modのテストプレイ用として作成。名前は「Player」。この辺りから名づけがだんだん面倒になっています。作中でプレイヤーの名前が使われるのって手紙ぐらいだし、その手紙もろくな内容でないことが多いのでもうどうでもよくなりました。
テスト終了後は、各地の山賊砦を壊滅させながら山賊長をめざすノルドRPをしていました。いつかミストウォッチ砦をいただきたいものです。
子分はエリク、ゴルディール、ラリス。腹心の部下としてジェナッサ。一時期イリアさんを回復要員として連れまわしていましたが、あまりに不幸そうな表情をしていたので開放してあげました。養子にはブレイスを。彼女の攻撃的な性格は山賊にぴったりです。ちなみに彼女のご両親は不幸にして不可解な死を遂げております。ブレイスが両親の死の謎を知った時、流浪の山賊団の頭目が世代交代をすることになるでしょう。
クエストはメイン以外、ハルコン卿を倒し、ミラーク卿を倒し、ついでにメルセルもぶっ飛ばしました。山賊ノルドとしてはメルセルと組んで盗賊ギルドから宝を根こそぎ奪う展開が欲しかったところです。
RND導入下で酔っ払いプレイもしていました。しかし泥酔状態でホワイトランからバトルボーン農場へ向かう下り坂を走っていたら、転倒→坂道を見事なまでに滑り落ちる→落下ダメージで死亡……しました。以来このキャラでは酒をやめています。


6代目:アルトマー男(Lv.29) テストプレイ用
得意スキル:破壊、幻惑、変性、回復、召喚
記録:4代目と平行プレイ。
こちらもテスト用としてはじめたデータですが、これまで純粋な魔法使いをやったことがなかったので、試しにやってみました。どんな育て方をしていたか忘れないよう、名前は「Wizard」です。「Player」より少しましになりました。
ヘルゲン脱出後はよさげな服装備も無く、素人ローブと裸足でファルクリースへ直行。通りすがりの旅人や兵士に山賊や狼をなすりつけたりしながらこつこつお金とレベルを上げる序盤でした。
当初仲間はシンディングだけのつもりだったのですが、道中偶然出会った向上心に燃える魔術師を弟子兼荷物持ちとして加えました。二人とも万年1レベルなので弱いです。
FrostfallのModでは、シェルターやマント、防寒対策を魔法のみでやりくり。魔法を覚えるまでが大変ですが、いかにも魔法使いらしい旅暮らしになってかなり楽しかったです。
子供相手のかくれんぼには生命探知。よく死ぬ弟子には死者探知が大活躍でした。


7代目:アルゴニアン男(Lv.1) 進行中

得意スキル:重装、防御
記録:ノートPCにてプレイ。拳闘士。
描画範囲の関係上かなり接近しないとNPCが描画されないため、必然的に近接キャラになりました。さらに操作の応答も遅いので、なるべく動かずに敵を倒せそうなシャウトをメイン攻撃手段にする予定。いつかグレイビアードのようなシャウトの達人になりたいRP。もちろんクールタイム中はひたすらパンチです。


8代目:レッドガード男(Lv.48) テストプレイ用

得意スキル:隠密、弓、スリ
記録:Skyrim SEでのテストプレイ用。久しぶりに闇の一党クエストをやろうと考え、Mod装備でアサシンクリードごっこ。シャウトと軽装、片手剣もそれなりに育てたので、以前の泥棒猫キャラよりはだいぶ強くなりました。ダガー二刀流で戦いいます。
闇の一党クリア後は、盗賊ギルドクエスト、ウィンターホールド大学クエストをこなしスカイリム世界ではそこそこ名の知れた人物に。ハルコン、ミラークも薬飲みまくって弓で倒しました。
内戦はストームクローク側で「嵐の刃」を襲名しました。相変わらず二つ名が恥ずかしいです。内戦が終わっても、帝国軍に連行されるストクロ兵のランダムイベントは止まらないんですね。嵐の刃として見過ごせず毎回助けるのですが、連行する帝国軍兵士を隠密弓で最後尾から一人ずつ仕留めるのが意外と楽しいです。ストクロの味方以前に暗殺者ですからね、皇帝もやっちゃったしね。一兵卒なんぞ平気でロキールしちゃうよ。たぶん歴代主人公では、山賊娘に並ぶワルです。
PR